ウィッグ カラコン 色の合わせ方

1.明るめブラウン色でまとめればギャル系に

ウィッグに興味があるおしゃれさんの中には、カラーコンタクトと合わせて使いたいという方も多いのではないでしょうか?色というのは、人のイメージを大きく左右するもので、選び方によって様々な印象を作ることができます。ウィッグとカラコンのカラーを上手にコーディネートして、なりたい自分を目指してみましょう。

 

 

 

 

まず、ギャル系になりたいという方は、ウィッグとカラコンを明るめのブラウンカラーでまとめてみましょう。カラーに統一感を出すことで、おしゃれに敏感なイマドキギャルのイメージを作ることができます。メイクは、まつげとアイラインを濃くして眉毛は髪色に合わせた眉マスカラを使用してください。服装は、黒系や個性的な柄がある派手めなものを選ぶとちょっぴりスパイシーなギャルならではのかっこよさを出すことができます。アクセサリーには大きめのゴールドカラーのものを選ぶとよく合いますよ。

2.定番清楚系はナチュラル色で揃える

 

 

 

学校や職場におすすめなのが清楚系女子のコーディネートです。
ウィッグ・カラコン共にブラックか黒に近いダークブラウンを選ぶと純粋さと透明感を演出することができます。メイクは、パウダーでマットな質感のお肌に仕上げ、ピンク系のチークで可愛らしく仕上げましょう。アイメイクは細いアイラインでナチュラルを心がけましょう。服装は、ベージュやホワイト、パステルカラーなどの淡い色を選ぶと、ピュアなイメージを強調できますよ。

3.みんなの人気者!イマドキかわいい系はこうやってつくる!

 

 

 

みんなに愛されるイマドキかわいい系になりたいなら、明るめブラウンのウィッグ×黒のカラコンがおすすめ。ブラックとブラウンの両方をあわせることで、派手すぎず地味すぎず親しみやすいイメージを作ることができます。メイクは、リキッドや透明感のあるパウダーでベースに立体感を出し、チークは薄めにして、アイメイクとリップカラーでアクセントをつけましょう。服装は、デニムやめずらしい素材感のものを取り入れてカジュアルにキメましょう。帽子をかぶるのもおすすめです。

 

4.お人形さんみたいな姫系になるには?

 

 

 

 

まるでお人形さんみたいな姫系になりたいなら、明るい茶色のウィッグとブルーやグリーンのカラコンをしてみましょう。
前髪は厚めでぽってりしたものを選ぶのがおすすめ。くるくるカールもよく合います。メイクは、お肌を明るめに仕上げて、ポイントメイクはしっかりすると姫感がアップします。服装も髪とメイクに合わせて可愛らしいワンピースやフリルのついたものにしてみましょう。イヤリングやカチューシャなどの小物を合わせれば、さらに可愛いらしいイメージを作ることができますよ。

5.イベントにもおすすめ!とにかく目立つロック系のカラー

 

 

 

ライブやパーティなどで目を引くロック系になりたいなら、毛先に赤や金、ブルー系のグラデーションを入れたものを選ぶと目立つこと間違いなしです。カラコンは黒や茶色を選んでグラデーションのさし色を際立たせましょう。メイクは跳ね上げアイラインと赤系リップで強めな印象に。髪のさし色に合わせたアイラインやアイシャドウをするのもいいでしょう。服装は黒系のものを選び、大きめのシルバーアクセサリーでボーイッシュにキメましょう。

6.クール系のイメージになれるカラー

 

 

 

かっこよさ満点のクール系をめざすなら、ゴールドのヘアカラーに挑戦しましょう。カラコンは黒かブルー、グリーン系がおすすめ。ヘアチョークやカラーワックスなどでブラウンやブラックのメッシュを入れるのもいいですね。メイクは、ベースにしっかりとカバー力のあるものを選び、アイシャドウやアイラインで囲み目にして目ヂカラを出しましょう。服装は、黒や赤、紫などの濃いカラーに。ショートパンツやミニスカートなど丈の短いものもよく合います。

7.個性的な魅力を放つモード系に

 

 

 

周りの人と差をつけたい個性派さんにはモード系スタイルがぴったりです。ウィッグは黒色にし、カラコンはグリーンや青、赤っぽいものを選びましょう。ダークなヘアカラーで目の色を際立たせることで、不思議なオーラを漂わせることができます。
メイクは、アイラインで目尻を長めに描いて、切れ長な印象に。マットで濃いカラーのリップでシックに仕上げましょう。服装は黒やカーキ、ブラウン、暗めの赤などダークなカラーを選び、シンプルさを心がけましょう。つばの大きいハットをかぶればさらにモードな雰囲気を演出することができます。

8.華やかでキレイなハーフ系に

 

 

華やかで美しいハーフ系美人になりたいなら、アッシュ系の髪色に、ブルーやレッドが入ったカラコンを合わせましょう。髪は強めのウェーブがかかったものにするとハーフっぽさが強くなります。ノーズシャドーやシェイディング、ハイライトをしっかり入れて立体感を重視。アイシャドーで目元を華やかにし、チークは斜めに入れて大人っぽさを出しましょう。華やかなイメージがお好きなら服装は、ビビットカラーがおすすめです。反対にブラックなど暗いトーンのものも似合うのでシーンに合わせて楽しんでください。